中国の輸出入部門は、2021年も依然として不確実性に直面しています。

[環球時報グローバルネットワークレポーターNiHao] 2021年の最初の2か月で、中国の輸出入は好調なスタートを切り、前年比で急増したデータは市場の予想をはるかに上回りました。輸出入の規模は、昨年同期を大きく上回っているだけでなく、発生前の2018年と2019年の同時期に比べて約20%増加しています。4月8日の午後に分析された中国の新しいコロナウイルス肺炎のピークは、昨年以来、中国は新たなクラウン肺炎の流行の影響に直面して、外国貿易に関する一連の超従来型の政策を実施していると信じています。コスト削減、リスク防止、発注、国内外の貿易企業の市場拡大に重要な役割を果たしてきました。Gao Feng氏は、政府、企業、業界の共同の努力により、中国の対外貿易は第1四半期に順調に始まりました。これは、資源配分において市場が決定的な役割を果たし、政府がより良い役割を果たした結果です。

最近、商工省は、20000を超える国内の外国貿易企業に対してアンケート調査を実施しました。その結果によると、企業の手元注文は昨年に比べて改善している。企業の約半数は、減税、輸出税還付、貿易円滑化などの政策措置が強い買収感を持っていると考えています。

同時に、企業はまた、今年の対外貿易の発展には依然として多くの不安定で不確実な要因があり、流行状況の不確実性、国際産業チェーンサプライチェーンの不安定性、および国際環境。企業のミクロエンティティもいくつかの困難と課題に直面しています。たとえば、輸送価格が高水準で変動し、輸送能力の不足やその他の要因が企業の注文受付に影響を及ぼします。原材料の価格が上昇し、生産コストの上昇につながります。一部の地域での労働困難はさらに顕著です。これに対し、高鳳は「関連する状況の進展に細心の注意を払い、政策の継続性、安定性、持続可能性を維持し、関連する貿易政策を改善する」と強調した。

 


投稿時間:2021年4月12日